滋養強壮剤ではないED薬バイアグラは必要時に使用しましょう


アメリカで初めて開発され市販されたバイアグラは、成分であるsildenafilが入った薬の商品名です。国内では厚生労働省が認可し1999年に販売を承認しました。特に国内での臨床試験をせずにアメリカ側のデータのみを審査し、治療薬の販売を許可したことが話題になりました。

バイアグラは狭心症を治療するために研究している際に、血管内の血液量を増大することによって血圧を下げて狭心症の治療しようとしていた方法を発見したことがきっかけとなり、それを勃起のメカニズムに適用し開発されたそうです。

体内に投入された薬の成分sildenafilが勃起の作用に関連した特定の酵素、すなわち、勃起を妨げるPDE5酵素が活動できないようにし血管を拡張させ、結果的に勃起が数時間可能になります。

バイアグラによるED治療の効能は有効成分が体の中にある時のみに作用し、消滅すると元の状態に戻るため根本的な治療ではありません。継続的に使用したからといって、性的エネルギーが増強する精力剤や滋養強壮剤と同じ役割をするわけでもありません。また、テストステロンやヨヒムベのように体の中の精力、男性のエネルギーを上昇させることもありません。服用後約30分から効果が現れ始め数時間が経過すると効果がなくなっていく、必要時のみ摂取する薬です。

バイアグラは食品とは密接な関係があり、メーカーは空腹時に服用することをおすすめしています。また、特別な注意事項もあります。それは、nitroglycerinなどの硝酸塩系薬剤を普段服用している方がこの薬を飲むと、危険な状態に陥る可能性があるということです。これはバイアグラが最初に狭心症の治療薬として開発されたことと関連しているのですが、その当時の心臓病患者に行った臨床試験で発見されたそうです。

ED治療をするときにバイアグラジェネリックは必要で通販での注文可能です。おすすめの個人輸入代行会社はネットで検索可能です。