ED薬だけで性行為が完全に解決されるわけではありません


ED薬の治療効果は、薬を飲んだ後1時間以内に効果が現れ始め、数時間または2日以内に効果がなくなります。つまり薬は、性行為の前の必要な時に飲むものであるということです。

精力剤は健康補助食品すなわちサプリメントですが、精力剤は毎日服用して徐々にその成分が体を健康に変化させるという前提で作られています。そのためすぐに必要とする時にその効果をすぐに得ることができるわけではありません。例外的に、一部のビタミンBが多く含まれているサプリメントの場合は即効的にスタミナがブーストされている感じを与えたりもしますが、基本的に健康補助食品は即効性の薬ではありません。文字通り補助する機能が主な効能ということです。

精力剤の一部で性欲増強剤というものがあります。例えば実際にこのサプリメントを服用したとすると、性欲がすぐに起きたりすることはありません。もちろん地道に服用を続ければ、性欲が発生するメカニズムに影響を与える可能性はあるでしょう。

ED治療薬は、性欲増強剤ではありません。ED薬は性欲が発生するメカニズムに影響を与える可能性がゼロであるため、性欲が起こらなければ勃起は起こらないという観点から見ると、ED薬だけで性行為が完全に解決されるわけではありません。そうすると性欲増強剤も必要なサプリメントということです。もちろん性欲を感じない一部の人に限ります。

精力剤によってはテストステロンが含まれている成分が配合されたものも市販されていますが、テストステロンはED薬の即効性と比べるとかなり劣るので、他の成分が追加された精力剤を使用したとしてもED薬の効果には及びません。テストステロンを使用して薬として製造したケースもありますが、その製造過程や補助成分が健康補助食品の場合とは大いに異なるので、この場合は症状に応じて即効性を目的として使用されます。

精力剤はサプリメントとして毎日服用し、体調や性機能を徐々に改善していくことを目標とするということが目的となります。

人によってはサプリメントに含まれるマカやアルギニンという成分を毎日服用して、徐々にではあるがEDが改善されていることを感じると言う方もいるようです。 EDの原因は1つではないため崩れた身体的なバランスをサプリメントに含まれるミネラルなどで補強し整えることで、時間はかかりますがEDが好転することが可能であるということは間違いではありません。